クレジットカードのキャッシングの金利が高い理由

キャッシングの金利は一般に高めで、18%を超えることがあります。キャッシングの金利が高いのは、無担保でお金を借りられるからです。お金を借りて返せない場合は、担保があれば、それを売却して返済できない分の損失の穴埋めにすることができます。しかし、キャッシングの場合は担保がないので、返済不能時の損失に備えるために、金利が高くなっています。キャッシングでは保証人も必要ありません。保証人が必要ないのも、金利が高いことと関係があります。高い金利を取っておけば、借りた人が返せない時に、保証人に返せない分を請求する必要はありません。そのためにキャッシングの金利は高くなっているのです。

担保や保証人が必要ないので、クレジットカードを作ったら、お金を借りやすくなります。ただし、金利が高いことを忘れてはいけません。少額の借り入れだったら返済は容易になりますが、多額のお金を借りると返済が難しくなります。特に金利が18%以上の会社だったら、多額のお金を借りたら、返済金にプラスされる金利の量が増えて、毎月返済していくのが困難になる場合もあります。

クレジットカードのキャッシングの金利が高いのは、消費者金融や信販系の会社のみです。銀行系の会社は金利は安くて、10%以下のことがあります。多めのお金を借りる時は、金利の低い銀行系のカードの方がお勧めです。ただし、銀行系のカードでも審査はあり、それに落ちるとお金を借りることはできません。

Category: キャッシング

タグ:

- 2017年1月27日